ホーム » 投稿 » 31-36 呼吸器系に関する記述である。

31-36 呼吸器系に関する記述である。

スポンサーリンク


31-36 呼吸器系に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 右肺は、2葉に分かれている。
(2) 中枢性化学受容器は、延髄に存在する。
(3) 肺活量は、全肺気量に残気量を加えたものである。
(4) 横隔膜は、呼気時に収縮する。
(5) 外呼吸は、末梢組織における酸素と二酸化炭素のガス交換である。

解答・解説を見る

(1) 右肺は3葉に分かれていて、左肺は2葉に分かれており、右肺の方が左肺よりも少しだけ大きい。

(2) 中枢性化学受容器は、延髄に存在する。

(3) 肺活量は、全肺気量から残気量を引いたものである。

(4) 横隔膜は、呼気時に弛緩し、吸気時に収縮する。

(5) 外呼吸は肺などの呼吸器で酸素を取り入れて、二酸化炭素を排出する機能である。内呼吸は、細胞と血液間での酸素と二酸化炭素のガス交換である。

スポンサーリンク


関連記事