ホーム » 投稿 » 31-18 ヒトの細胞と組織に関する記述である。

31-18 ヒトの細胞と組織に関する記述である。

スポンサーリンク


31-18 ヒトの細胞と組織に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)基底膜は、脂質二重膜からなる。
(2)膠原線維は、コラーゲンから構成される。
(3)線維芽細胞は、上皮細胞を形成する。
(4)褐色脂肪組織は、加齢とともに肥大する。
(5)心筋は、再生能力が高い。

解答・解説を見る

(1)細胞膜は、脂質二重膜からなる。基底膜はコラーゲンやたんぱく質などからなる。

(2)膠原線維は、コラーゲンから構成される。

(3)線維芽細胞は、結合組織を形成する。

  ちなみに、皮下脂肪、大動脈壁なども結合組織に分類される。

(4)褐色脂肪組織は、加齢とともに減少する。

 加齢に伴って肥大するものの例として、男性の前立腺が挙げられる。

(5)心筋は、再生能力がない。

 心筋以外にも神経細胞や眼のレンズは再生能力を持たない。
 また、再生能力の高い組織としては、皮膚や骨、血管、上皮組織などがあり、
 再生能力の低いものには骨格筋や軟骨、腺細胞などがある。

スポンサーリンク


関連記事