コンテンツへスキップ

31-39 骨粗鬆症に関する記述である。

    スポンサーリンク


    31-39 骨粗鬆症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1) 骨粗鬆症では、骨塩量が増加する。
    (2) 骨粗鬆症は、骨の石灰化障害である。
    (3) くる病は、小児に発症した骨粗鬆症である。
    (4) エストロゲンは、骨吸収を促進する。
    (5) 副腎皮質ステロイド薬の長期投与は、骨粗鬆症のリスク因子である。

    解答・解説を見る

    (1) 骨粗鬆症では、骨塩量が減少する。

     骨粗鬆症では、骨塩量は減少するが骨組織成分の変化はない。

    (2) 骨軟化症は、骨の石灰化障害である。

    (3) くる病は、小児に発症した骨軟化症である。

    (4) エストロゲンは、骨吸収を抑制する。

     閉経後では、骨吸収を抑制するエストロゲンの分泌が低下するため骨がもろくなりやすくなる。

    (5) 副腎皮質ステロイド薬の長期投与は、骨粗鬆症のリスク因子である。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事