コンテンツへスキップ

31-31 肝障害に関する記述である。

    スポンサーリンク


    31-31 肝障害に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1) B型肝炎ウイルスは、RNAウイルスである。
    (2) E型肝炎ウイルスは、主に血液を介して伝播する。
    (3) 劇症肝炎では、意識障害を認める。
    (4) 肝硬変では、プロトロンビン時間が短縮する。
    (5) 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)では、肝線維化を認めない。

    解答・解説を見る

    (1) B型肝炎ウイルスは、DNAウイルスである。

    *肝炎ウイルスのうち、RNAウイルスであるのはA型とC型です。

    *DNAウイルスとは、DNA(デオキシリボ核酸)を持つウイルスのことをいいます。
     ヘルペスウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、HPV、サイトメガロウイルスなどがこれにあたります。

    *RNAウイルスは、RNA(リボ核酸)を持つウイルスのことをいいます。
     ノロウイルス、インフルエンザウイルス、C型及びA型肝炎ウイルス、エボラウイルス、日本脳炎ウイルス、HIVウイルスなどがあります。

    (2) B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルス、D型肝炎ウイルスは、主に血液を介して伝播する。

     E型肝炎ウイルスは、水や食物などから経口感染する。

    (3) 劇症肝炎では、肝性脳症による意識障害を認める。

    (4) 肝硬変では、プロトロンビン時間が延長する。

     プロトロンビン時間とは、出血後プロトロンビンが産生されるまでの時間で、血液凝固の指標となる。プロトロンビンは、止血に関与する酵素タンパク質で、肝臓で作られるため、肝機能の低下によりプロトロンビン時間が延長する。

    (5) 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)では、肝線維化を認める。

     肝臓の脂肪化に伴う炎症によって、線維化が進む。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事