ホーム » 投稿 » 31-25 症候に関する記述である。

31-25 症候に関する記述である。

スポンサーリンク


31-25 症候に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)直腸温は、腋窩温より低い。
(2)起座呼吸(起坐呼吸)は、呼吸を楽にするために座位をとる状態である。
(3)タール便は、直腸からの出血でみられる。
(4)高張性脱水は、水に比べてNaが多く喪失した場合にみられる。
(5)JCS(Japan Coma Scale)は、呼吸機能の指標である。

解答・解説を見る

(1)直腸温は、腋窩温より約℃高い。

(2)起座呼吸(起坐呼吸)は、呼吸を楽にするために座位をとる状態で、左心不全や気管支喘息の患者で見られる症状の一つである。

(3)タール便は、胃や十二指腸など上部消化管からの出血でみられる。

 直腸からの出血では、鮮血便であることが多い。

(4)低張性脱水は、水に比べてNaが多く喪失した場合にみられる。

 高張性脱水は、Naに比べて水が多く喪失した場合にみられる。

(5)JCS(Japan Coma Scale)は、意識レベルの指標である。

 呼吸機能の指標には、肺活量などがある。

スポンサーリンク


関連記事