ホーム » 投稿 » 31-32 循環器疾患の成因と病態に関する記述である。

31-32 循環器疾患の成因と病態に関する記述である。

スポンサーリンク


31-32 循環器疾患の成因と病態に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) くも膜下出血は、心房細動で起こる。
(2) 肺塞栓は、静脈血栓症で起こる。
(3) 右心不全では、肺うっ血が生じる。
(4) 狭心症では、心筋壊死が生じる。
(5) 腎血管性高血圧では、レニン分泌が低下する。

解答・解説を見る

(1) 脳梗塞は、心房細動で起こり、このように心臓病が原因となる脳梗塞を心原性脳塞栓症という。

(2) 肺塞栓は、静脈血栓症で起こる。

(3) 左心不全では、肺うっ血が生じる。

(4) 心筋梗塞では、心筋壊死が生じる。

(5) 腎血管性高血圧では、レニン分泌が上昇する。

 レニンは血圧上昇させる働きを持つホルモンで腎臓から分泌される。腎血管性高血圧では、腎臓へ血液を送る動脈の血管が細くなることによって、腎臓に十分な血液が送られなくなることにより、レニンの分泌が増加し血圧が上昇、高血圧となる。

スポンサーリンク


関連記事