ホーム » 投稿 » 31-38 骨格筋の構造と機能に関する記述である。

31-38 骨格筋の構造と機能に関する記述である。

スポンサーリンク


31-38 骨格筋の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 筋小胞体は、滑面小胞体である。
(2) 筋線維の数は、筋力トレーニングで増加する。
(3) 筋収縮は、アクチンフィラメントの短縮で起こる。
(4) 遅筋線維は、速筋線維よりミオグロビンが少ない。
(5) 筋グリコーゲンは、血糖維持に利用される。

解答・解説を見る

(1) 筋小胞体は、滑面小胞体である。

(2) 筋線維は、筋力トレーニングで太くなる。

(3) 筋収縮は、アクチンフィラメントがミオシンフィラメンの中に滑り込むことにより起こる。

(4) 遅筋線維は、速筋線維よりミオグロビンが多い。

(5) 筋グリコーゲンは、血糖維持に利用することはできない。

スポンサーリンク


関連記事