29-83 不飽和脂肪酸に関する記述である。


スポンサーリンク


29-83 不飽和脂肪酸に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)オレイン酸は、必須脂肪酸である。
(2)リノール酸は、体内でパルミチン酸から合成される。
(3)α-リノレン酸は、一価不飽和脂肪酸である。
(4)エイコサペンタエン酸は、エイコサノイドの合成材料である。
(5)ドコサヘキサエン酸は、n-6系の脂肪酸である。

解答・解説を見る

(1)オレイン酸は、必須脂肪酸ではない。
 ⇒必須脂肪酸は、リノレン酸・リノール酸(アラキドン酸)である。
※アラキドン酸は、リノール酸から合成することができる。

(2)リノール酸は、体内で合成することができない必須脂肪酸である。

(3)α-リノレン酸は、n-3系の多価不飽和脂肪酸である。

(4)エイコサペンタエン酸は、エイコサノイドの合成材料である。

(5)ドコサヘキサエン酸は、n-3系の脂肪酸である。


お問い合わせはこちら



コメント