26-53 嗜好飲料に関する記述である。


26-53 嗜好飲料に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 果汁100%の果実飲料は、JAS規格では果実ジュースという。
(2) コーラには、カフェインが含まれない。
(3) ココアの苦味成分は、テアニンである。
(4) ウー口ン茶のタンニン量は、紅茶に比べて多い。
(5) 緑茶は、茶葉を発酵させて作る。

解答・解説を見る

(1) 果汁100%の果実飲料は、JAS規格では果実ジュースという。

 果実ジュースとは、1種類の果実の果実の搾汁若しくは還元果汁又はこれらに砂糖類、蜂蜜等を加えたものをいう。
 果実ミックスジュースは、2種類以上の果実の搾汁若しくは還元果汁を混合したもの又はこれらに砂糖類、蜂蜜等を加えたものをいう。

 参考:農林水産省「果実飲料の日本農林規格」

(2) コーラには、カフェインが含まれている

(3) ココアの苦味成分は、テオブロミンである。

 テアニンは、主に茶に含まれている。

(4) ウー口ン茶のタンニン量は、紅茶に比べて少ない

(5) 緑茶は、茶葉を発酵させずに作る。

 発酵の度合いによって、
 ・緑茶(不発酵茶)
 ・烏竜茶(半発酵茶)
 ・紅茶(発酵茶)
 に分けられる。


問題・解説についてのお問い合わせ