26-61 牛海綿状脳症(BSE)に関する記述である。


26-61 牛海綿状脳症(BSE)に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) BSEに罹患した牛からヒトへ感染する可能性はない。
(2) 肋骨は、BSEの病因物質が蓄積する部位(特定部位)である。
(3) 口蹄疫ウイルスがBSEの病因物質である。
(4) 調理加熱でBSEの病因物質は、不活性化されない。
(5) 12か月齢以下の牛の特定部位は、除去が義務づけられている。

解答・解説を見る

(1) BSEに罹患した牛からヒトへ感染する可能性はある。

(2) 脊髄や頭部(舌や頬肉以外)などは、BSEの病因物質が蓄積する部位(特定部位)である。

(3) 異常プリオンタンパク質がBSEの病因物質である。

(4) 調理加熱で、BSEの病因物質は不活性化されない。

(5) 全ての食用牛の特定部位は、除去が義務づけられている。


問題・解説についてのお問い合わせ