26-73 嗜好性の評価に関する記述である。


26-73 嗜好性の評価に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 嗜好性の評価には、環境要因は影響しない。
(2) 嗜好型官能評価では、訓練された検査員が製品の特性を客観的に評価する。
(3) 3点識別試験法は、3種類の異なる試料の差を識別する手法である。
(4) 食品のテクスチャーは、味覚に影響を及ぼす。
(5) 機器を用いて、テクスチャーを評価することはできない。

解答・解説を見る

(1) 嗜好性の評価には、環境要因が影響する。

(2) 分析型官能評価では、訓練された検査員が製品の特性を客観的に評価する。

(3) 3点識別試験法は、2種類の異なる試料の差を識別する手法である。

(4) 食品のテクスチャーは、味覚に影響を及ぼす。

(5) 機器を用いて、テクスチャーを評価することは可能である。

 テクスチャーアナライザなどの機器を使用する。


問題・解説についてのお問い合わせ