ホーム » 投稿 » 26-23 生体エネルギーと代謝に関する記述である。

26-23 生体エネルギーと代謝に関する記述である。

スポンサーリンク


26-23 生体エネルギーと代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 脱共役たんぱく質(ucp)は、酸化的リン酸化を促進する。
(2) Na+,K+-ATPaseは、K+を細胞外へ排出する。
(3) 摂取した水分子の酸素原子は、呼気中の二酸化炭素分子には含まれない。
(4) 代謝過程で生じた熱は、身体活動のためのエネルギー源として利用することができる。
(5) 脂肪酸のβ酸化経路には、中間代謝物と酸素分子が反応する過程はない。

解答・解説を見る

(1) 脱共役たんぱく質(ucp)は、酸化的リン酸化を抑制し、ATPの合成を抑制する。

 ・酸化的リン酸化では、ADPがリン酸化されATPとなる。
 ・脱共益たんぱく質は、ミトコンドリアに存在する。

(2) Na+,K+-ATPaseは、Na+細胞外へ排出し、K+細胞内へ取り入れる。

 ・ナトリウムイオン濃度:細胞内液<細胞外液
 ・カリウムイオン濃度 :細胞内液>細胞外液

(3) 摂取した水分子の酸素原子は、呼気中の二酸化炭素分子に含まれる。

(4) 代謝過程で生じた熱は、身体活動のためのエネルギー源として利用することができない。

(5) 脂肪酸のβ酸化経路には、中間代謝物と酸素分子が反応する過程はない。

スポンサーリンク