26-38 健常成人の腎機能に関する記述である。


スポンサーリンク


26-38 健常成人の腎機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 腎血漿流量は、500~700mL/分である。
(2) 糸球体濾過量(GFR)は、約10mL/分である。
(3) 尿量は、約300mL/日である。
(4) 尿比重は、1.10以上に調節されている。
(5) 尿のpHは、7.40±0.05の範囲に調節されている。

解答・解説を見る

(1) 腎血漿流量は、500~700mL/分である。

(2) 糸球体濾過量(GFR)は、約90mL/分~である。

 GFRは腎機能(慢性腎臓病のステージ分類)の指標の一つである。

 GFR≧90  :G1
 90>GFR≧60:G2
 60>GFR≧45:G3a
 45>GFR≧30:G3b
 30>GFR≧15:G4
 15>GFR:G5

(3) 尿量は、約800~1500mL/日である。

 一日の尿量が400ml以下で、「乏尿」
 50~100ml以下では、「無尿」
 2500ml以上では、「多尿」

(4) 尿比重は、1.002~1.030に調節されている。

(5) 7.40±0.05の範囲に調節されているのは血液のpHである。

 尿のpHは、4.6〜7.0である。


お問い合わせはこちら