31-35 神経系の構造と機能に関する記述である。


31-35 神経系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 体温調節の中枢は、橋に存在する。
(2) くも膜は、脳の表面に密着している。
(3) 交感神経の興奮は、小腸の運動を抑制する。
(4) 舌下神経は、味覚を伝達する。
(5) 錐体路は、筋からの深部感覚を伝達する。

解答・解説を見る

(1) 体温調節の中枢は、視床下部に存在する。

 橋には、呼吸調節中枢がある。

(2) 脳は軟膜に包まれており、クモ膜との間にはその軟膜とくも膜下腔が存在する。

(3) 交感神経の興奮は、小腸の運動を抑制する。

(4) 顔面神経、舌咽神経、迷走神経は、味覚を伝達する。

(5) 深部感覚とは、身体の深部にある感覚器による感覚であり、振動感覚、運動感覚、重量感覚など様々である。これらは、筋紡錘やゴルジ腱器官、関節受容器などで受容され伝達される。


問題・解説についてのお問い合わせ