ホーム » 投稿 » 31-34 ホルモンとその分泌亢進によって生じる現象の組合せである。

31-34 ホルモンとその分泌亢進によって生じる現象の組合せである。

スポンサーリンク


31-34 ホルモンとその分泌亢進によって生じる現象の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 成長ホルモン —— 低血糖
(2) プロラクチン ——– 子宮収縮
(3) チロキシン ———- LDL-コレステロール上昇
(4) コルチゾール —— 血圧上昇
(5) プロゲステロン —– 排卵

解答・解説を見る

(1) 成長ホルモンの分泌亢進では、高血圧が見られることがある。

 また、成長ホルモンの過剰分泌では、成人の先端巨大症や小児の下垂体性巨人症などがある。

(2) 子宮を収縮させるのは、オキシトシンである。

 プロゲステロンには、基礎体温の上昇や妊娠の維持をする働きがある。

(3) チロキシンは、甲状腺から分泌させるホルモンで、分泌亢進によってLDL-コレステロールは低下する。

 甲状腺機能亢進症及びバセドウ病では、甲状腺ホルモンは過剰に分泌されておりLDL-コレステロールは低下。逆に甲状腺機能低下症では、分泌が低下しておりLDL-コレステロールは上昇する。

(4) コルチゾール —— 血圧上昇

(5) プロゲステロンは、黄体ホルモンとも言われる。基礎体温の上昇や妊娠の維持などの働きを持つ。

スポンサーリンク


関連記事