コンテンツへスキップ

30-27 治療の方法に関する記述である。

    スポンサーリンク


    30-27 治療の方法に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

    (1)自己血輸血の副作用として、GVHD(移植片対宿主反応)がある。
    (2)アルブミン製剤の投与は、成分輸血にあたる。
    (3)15歳未満のドナーからの脳死移植は、禁止されている。
    (4)骨髄移植は、臓器移植に含まれない。
    (5)腹膜透析は、血液浄化療法である。

    解答・解説を見る

    (1)自己血輸血では、自分の血液を使用するためGVHD(移植片対宿主反応)は起こらない。

    (2)アルブミン製剤の投与は、成分輸血にあたる。

    (3)2010年に改正臓器移植法が施行され、15歳未満でも脳死での臓器提供ができるようになった。

    (4)骨髄移植は、臓器移植に含まれ、骨髄は生きている人でも提供することができる。

     脳死後に提供できる臓器:心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸、眼球
     心臓が停止親し後に提供できる臓器:腎臓、膵臓、眼球

     (日本臓器移植ネットワーク「臓器提供とは?」より引用)

    (5)腹膜透析は、血液浄化療法である。

     血液浄化療法には、血液透析と腹膜透析がある。


    参考

    日本臓器移植ネットワーク「臓器移植法」(http://www.jotnw.or.jp/studying/1-4.html)

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事