ホーム » 投稿 » 追試25-82 空腹時の脂質代謝に関する記述である。

追試25-82 空腹時の脂質代謝に関する記述である。

スポンサーリンク


追試25-82 空腹時の脂質代謝に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 脂肪組織では、脂肪酸の放出が抑制されている。

(2) 肝臓では、脂肪酸のβ酸化が促進されている。

(3) 肝臓では、VLDL分泌が促進されている。

(4) 小腸では、カイロミクロン(キロミクロン)分泌が促進されている。

(5) 骨格筋では、脂肪酸のβ酸化が抑制されている。

解答・解説を見る
(1)脂肪組織では、脂肪酸の放出が促進する

(2)肝臓では、脂肪酸のβ酸化が促進されている。

β酸化を受けた脂肪酸はアセチルCoAに変換され、TCA回路でATP生産に利用されるとともに、過剰分のアセチルCoAはケトン体に変換され、脳や肝外臓器のエネルギー源となる。

(3)肝臓では、VLDL分泌が抑制されている

VLDLは肝臓で合成されたTGやコレステロールを運搬する働きを持つが、空腹時には肝臓での合成が進まないためVLDLの分泌は抑えられている。

(4)小腸では、カイロミクロン(キロミクロン)分泌が抑制されている

キロミクロンはVLDLと類似の機構によって代謝される。

(5)骨格筋では、脂肪酸のβ酸化が促進されている

スポンサーリンク


コメント

関連記事