コンテンツへスキップ

追試25-88 エネルギー代謝に関する記述である。

    スポンサーリンク


    追試25-88 エネルギー代謝に関する記述である。正しいのはどれか。

    (1) 体重当たりの基礎代謝量は、小児に比べて成人の方が高い。

    (2) 体重当たりの基礎代謝量は、男性に比べて同じ年齢の女性の方が高い。

    (3) 睡眠時のエネルギー代謝量は、基礎代謝量より高い。

    (4) 安静時のエネルギー代謝量は、基礎代謝量より低い。

    (5) 加齢に伴う基礎代謝量の低下には、除脂肪体重の減少が関与する。

    解答・解説を見る
    (1) 体重当たりの基礎代謝量は、成人に比べて小児の方が高い。

    小児期には体脂肪率が低く、除脂肪体重の比率が高い。また、除脂肪体重そのものの活性が高いことで成人よりも体重あたりの基礎代謝量が高くなる。

    (2) 体重当たりの基礎代謝量は、女性に比べて同じ年齢の男性の方が高い。

    体脂肪がエネルギー代謝に及ぼす影響は除脂肪体重よりも少なく、女性の方が男性よりも体脂肪率が高いためである。

    (3) 睡眠時のエネルギー代謝量は、基礎代謝量とほぼ等しい

    (4) 安静時のエネルギー代謝量は、基礎代謝量より高い

    食事誘発性熱産生や低温環境などの影響を受けうるため、安静時代謝量は基礎代謝量よりも高い。

    (5) 加齢に伴う基礎代謝量の低下には、除脂肪体重の減少が関与する。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事