34-2 わが国の人口指標のうち、最近減少しているものである。


34-2 わが国の人口指標のうち、最近減少しているものである。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

(1)合計特殊出生率

(2)65歳以上人口に占める75歳以上人口の割合

(3)従属人口指数

(4)粗死亡率(全死因)

(5)年齢調整死亡率(全死因)

解答・解説を見る

わが国の人口指標のうち、最近減少しているものは、年齢調整死亡率(全死因)である。

(1)合計特殊出生率

 合計特殊出生率は、横ばいである。

(2)65歳以上人口に占める75歳以上人口の割合

 65歳以上人口に占める75歳以上人口の割合は、増加傾向である。

(3)従属人口指数

 従属人口指数は、増加傾向である。

 従属人口指数は、以下の式で計算することができる。
 従属人口指数=(15歳未満人口+65歳以上人口)÷(15~64歳人口)×100

(4)粗死亡率(全死因)

 粗死亡率は、増加傾向である。

(5)年齢調整死亡率(全死因)


*年齢調整死亡率:Age-adjusted Mortality Rate
*合計特殊出生率:Total Fertility Rate

 


問題・解説についてのお問い合わせ

34-2 わが国の人口指標のうち、最近減少しているものである。” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    合計特殊出生率は、現在上昇していると思いますがどうでしょうか?

    1. コメントありがとうございます。
      平成17年ころの合計特殊出生率が過去最低であったころと比較すると上昇とみることもできますが、
      私共では、平成30年より過去5年の結果より、横ばいと判断いたしました。
      平成30年:1.42 (前年比-0.01)
      平成29年:1.43 (前年比-0.01)
      平成28年:1.44 (前年比-0.01)
      平成27年:1.45 (前年比+0.03)
      平成26年:1.42 (前年比-0.01)

      参考:厚生労働省「人口動態調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1a.html

コメント