コンテンツへスキップ

34-133 くる病に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-133 くる病に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)日光曝露が制限されていると、発症リスクが高い。

    (2)完全母乳栄養に比べて、混合栄養では、発症リスクが高い。

    (3)血清副甲状腺ホルモン値が低下する。

    (4)血清アルカリホスファターゼ(ALP)値が低下する。

    (5)低リン食を指導する。

    解答・解説を見る

    (1)日光曝露が制限されていると、発症リスクが高い。

    また、過度な食事制限も発症リスクを高める要因の一つである。

    (2)混合栄養の方が、完全母乳栄養よりも発症リスクが低い

    くる病の多くは、完全母乳栄養児で起きている。

    (3)血清副甲状腺ホルモン値は上昇する。

    副甲状腺ホルモンは、骨吸収を促し血液中のカルシウム濃度上昇に働く。

    (4)血清アルカリホスファターゼ(ALP)値は上昇する。

    (5)リンの不足は、くる病の原因の一つでありリンの不足によるものを低リン血症性くる病という。よって低リン食は不要である。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事