34-114 末梢静脈栄養法に関する記述である。


34-114 末梢静脈栄養法に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)1日に2,000kcalを投与できる。

(2)アミノ酸濃度20%の溶液を投与できる。

(3)脂肪乳剤は、1g/kg/標準体重/時で投与できる。

(4)ブドウ糖濃度30%の溶液を投与できる。

(5)浸透圧300mOsm/Lの溶液を投与できる。

解答・解説を見る
(1)1日に600~1000kcalを投与できる。

1日に2000kcal投与できるのは、中心静脈栄養法である。

(2)アミノ酸濃度3~10%の溶液を投与できる。

(3)脂肪乳剤は、0.1g/kg/標準体重/時で投与できる。

(4)ブドウ糖濃度5~10%の溶液を投与できる。

末梢静脈栄養法では、ブドウ糖濃度20%以上の溶液は投与できない
それに対して、中心静脈栄養法では、ブドウ糖濃度20%以上の溶液は投与ができる。

(5)浸透圧300mOsm/Lの溶液を投与できる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント