30-176 HACCPシステムに基づいた生産管理方法を構築するために必要な事項である。


30-176 HACCPシステムに基づいた生産管理方法を構築するために必要な事項である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)管理栄養士の配置の検討
(2)献立計画における品質基準の設定
(3)最終製品の抜き取り検査の導入
(4)異物混入時の改善措置の検討
(5)調理従事者の衛生管理点検表の検討

解答・解説を見る

(1)管理栄養士の配置の検討

(2)献立計画における品質基準の設定

(3)最終製品の抜き取り検査の導入

(4)異物混入時の改善措置の検討

(5)調理従事者の衛生管理点検表の検討


<HACCPシステムとは>
食品の受け取りから喫食までの衛生管理システム、従来の生産管理方法に比べ、工程上でリアルタイムに安全を確保することができる仕組み。


<HACCPシステムの特徴>
危害発生の可能性を予測する。
・危害発生の危険個所を重点管理点とし、特定して厳重に管理する。
 重要管理点を決める際において、官能的指標(色調や光沢、臭いなど)と物理的指標(時間や温度の記録)が用いられる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント