30-169 給食施設における食事の摂取状況の評価項目と、その把握方法の組合せである。


30-169 給食施設における食事の摂取状況の評価項目と、その把握方法の組合せである。正しいのはどれか。2つ選べ。
(1)高齢者施設給食での個人の残菜率―――個人の盛り付け量に対する残菜量の比率
(2)事業所給食での残食数――――――――従業員数と供食数の差
(3)病院給食での摂取量―――――――――出来上がり量と盛り付け後の残量の差
(4)学校給食での個人の摂取量――――――食缶に残っている料理ごとの残菜量
(5)事業所給食での料理の選択行動――――メニューの売上順位

解答・解説を見る

(1)高齢者施設給食での個人の残菜率―――個人の盛り付け量に対する残菜量の比率


(2)事業所給食での残食数は生産数と供食数の差によって求める


(3)病院給食での摂取量の把握方法にはいくつかあり、主に陰膳法、24時間思い出し法、食物摂取量調査法、目視による把握などがある。


(4)学校給食における個人の摂取量の把握をすることは難しい。個人の摂取量を求める場合は、配食量から残食量を引き、それを配食した人数で割ることで求めることができる。


(5)事業所給食での料理の選択行動――――メニューの売上順位


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント