28-55 でんぷんの老化に関する記述である。


スポンサーリンク


28-55 でんぷんの老化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) アミロペクチンは、アミロースに比べて老化が起こりやすい。
(2) モノアシルグリセロールが共存すると、老化が起こりやすい。
(3) 最も老化が起こりやすい水分含量は、10~20%の範囲である。
(4) 高温下で糊化でんぷんを急速に乾燥すると、老化が起こりにくい。
(5) 2℃~5℃の範囲では、老化が起こりにくい。

解答・解説を見る

(1) アミロペクチンは、アミロースに比べて老化が起こりにくい。

 アミロペクチンの方が老化が起こりやすい。

(2) モノアシルグリセロールが共存すると、老化が起こりにくい。

(3) 最も老化が起こりやすい水分含量は、30~60%の範囲である。

(4) 高温下で糊化でんぷんを急速に乾燥すると、老化が起こりにくい。

(5) 0℃~4℃の範囲では、老化が起こりにくい。


お問い合わせはこちら