ホーム » 投稿 » 追試25-54 嗜好飲料に関する記述である。

追試25-54 嗜好飲料に関する記述である。

スポンサーリンク


追試25-54 嗜好飲料に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 清酒のアルコール濃度は、4~6%である。

(2) モルトウイスキーは、原料として大麦麦芽を用いて製造される。

(3) 本格焼酎は、焼酎甲類に分類される。

(4) ブランデーは、並行複発酵酒である。

(5) ウーロン茶は、発酵茶に分類される。

解答・解説を見る
(1) 清酒のアルコール濃度は、15~20%である。

(2) モルトウイスキーは、原料として大麦麦芽を用いて製造される。

(3) 本格焼酎は、焼酎類に分類される。

甲類焼酎は連続蒸留によって造られ、アルコール度数は36%未満。乙類焼酎は単式蒸留により造られ、アルコール度数は45パーセント以下である。

(4) ブランデーは、蒸留酒である。

平行複発酵にて醸造されるのは、日本酒、焼酎などである。

(5) ウーロン茶は、半発酵茶に分類される。

紅茶は醗酵茶に分類される。

スポンサーリンク


コメント