ホーム » 投稿 » 追試25-28 ヒト体内に見出される窒素化合物と、その前駆体のアミノ酸に関する組合せである。

追試25-28 ヒト体内に見出される窒素化合物と、その前駆体のアミノ酸に関する組合せである。

スポンサーリンク


追試25-28 ヒト体内に見出される窒素化合物と、その前駆体のアミノ酸に関する組合せである。正しいのはどれか。

(1) ヘム ―――――――――― トリプトファン

(2) 尿酸 ―――――――――― アルギニン

(3) クレアチン ――――――― フェニルアラニン

(4) グルタチオン ―――――― ロイシン

(5) ノルアドレナリン ―――― チロシン

解答・解説を見る

 

(1)     誤り:ヘムの前駆体アミノ酸は、グリシンである。

ヘムを構成するポルフィリン環は、グリシンとスクシニルCoAを出発物質として、複数の中間体を経由して合成される。

(2)     誤り:尿酸の前駆体はプリン塩基(アデニン、グアニン)である。

尿酸はプリン塩基を持つヌクレオチドの代謝産物である。プリンヌクレオチドが肝臓で分解される際に塩基部が尿酸となり、腎臓から尿中に排泄される。

(3)     誤り:クレアチンの前駆体アミノ酸は、アルギニンとグリシンである。

クレアチンは、腎臓や肝臓内でアルギニンとグリシンから合成され、生体内のエネルギーとして貯蔵される。

(4)     誤り:グルタチオンの前駆体アミノ酸は、システイン、グルタミン酸、グリシンである。

グルタチオンはシステイン、グルタミン酸、グリシンから成るトリペプチドである。抗酸化作用と解毒作用があり、活性酸素種や薬物・毒物等を除去する役割がある。

(5)     正しい

カテコールアミンはチロシンを原料として作られ、チロシン、L-ドーパ、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの順路をたどって合成される

 

スポンサーリンク


コメント