ホーム » 投稿 » 追試25-25 糖質と脂質の代謝に関する記述である。

追試25-25 糖質と脂質の代謝に関する記述である。

スポンサーリンク


追試25-25 糖質と脂質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) グルコキナーゼは、糖新生系の酵素である。

(2) 中鎖脂肪酸は、糖新生の基質になる。

(3) 肝臓では、グルコース6-リン酸がグルコースに変換される。

(4) グルコーゲンホスホリラーゼは、グリコーゲンの加水分解を触媒する。

(5) 脂肪酸は、ミトコンドリア内で合成される。

解答・解説を見る
(1) 誤り:グルコキナーゼは、解糖系の酵素である。

グルコキナーゼはグルコースをリン酸化し、グルコース6リン酸を生成する解糖系の酵素である。

(2) 誤り:中性脂肪は、糖新生の基質になる。

加水分解で中性脂肪から遊離するグリセロールは、糖新生でグルコースに変換される。他にもアミノ酸や乳酸が、糖新生でピルビン酸やオキサロ酢酸を経由してグルコースになる。

(3) 正しい

糖新生の場である肝臓の細胞にはグルコース6ホスファターゼが存在し、グルコース6リン酸をグルコースに変換できる。この酵素は肝臓と腎臓に発現する。

(4) 誤り:グリコーゲンホスホリラーゼは、グリコーゲンの加リン酸分解を触媒する。

グリコーゲンホスホリラーゼは加リン酸分解によって、グリコーゲンからグルコース1リン酸を切り離す。これがホスホグルコムターゼによってグルコース6リン酸となり、解糖系で使われる。

(5) 誤り:脂肪酸は、細胞質で合成される。

ミトコンドリア内のアセチルCoAは生体膜を通れないため、オキサロ酢酸と縮合し、クエン酸となって細胞質に出る。クエン酸は細胞質でアセチルCoAに戻され、アセチルCoAから脂肪酸が作られる。

スポンサーリンク


コメント

関連記事