ホーム » 投稿 » 追試25-30 がん・悪性腫瘍と、その誘因に関する組合せである。

追試25-30 がん・悪性腫瘍と、その誘因に関する組合せである。

スポンサーリンク


追試25-30 がん・悪性腫瘍と、その誘因に関する組合せである。誤っているのはどれか。

(1) 肝細胞がん ――――――― アフラトキシン

(2) カポジ肉腫 ――――――― アスベスト

(3) 膀胱腫瘍 ―――――――― アニリン

(4) バーキットリンパ腫 ――― EBウイルス

(5) 子宮頸がん ――――――― ヒトパピローマウイルス

解答・解説を見る

(1)     正しい

アフラトキシンは、コウジカビの一種であるアスペルギルス等が産生する毒素である。遺伝毒性、発がん性があり、肝細胞がんによる肝炎などを引き起こす。

(2)     誤り:カポジ肉腫の誘因は、ヘルペスウイルスである。

カポジ肉腫は、ヘルペスウイルス(HHV-8)が皮膚などの血管内皮細胞に日和見感染し、がん化することでできる腫瘍である。アスベスト(石綿)は天然の鉱物繊維で、建材に多用されたが、極めて細いため肺胞に沈着しやすく、肺の線維化や肺がんのリスクがある。

(3)     正しい

膀胱がんとは、膀胱の粘膜に発生する悪性腫瘍である。喫煙が主な原因とされているが、アニリン色素やベンチジンといった化学物質への慢性的な曝露も関係すると考えられる。

(4)     正しい

バーキットリンパ腫は、B細胞のがん化による悪性リンパ腫である。EBウイルスは腫瘍ウイルスとして、バーキットリンパ腫など多様ながんを引き起こすことで知られる。

(5)     正しい

ヒトパピローマウイルス(HPV)は皮膚や粘膜に感染し、がん化させる。ほぼすべての子宮頸がんはHPVによる他、肛門がんや膣がん、陰茎がん等も引き起こす。

スポンサーリンク


コメント