ホーム » 投稿 » 追試25-43 神経の構造・機能に関する記述である。

追試25-43 神経の構造・機能に関する記述である。

スポンサーリンク


追試25-43 神経の構造・機能に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 交感神経の節前線維末端から分泌される神経伝達物資は、アドレナリンである。

(2) 脳神経は、左右16対からなる。

(3) 顔面神経は、味覚を脳に伝える。

(4) 脊髄は、末梢神経に分類される。

(5) 痛覚は、脊髄の前角細胞を通って脳に伝えられる。

解答・解説を見る

 

(1)     誤り:交感神経の節前線維末端から分泌される神経伝達物資は、アセチルコリンである。

交感神経の節前線維末端からアセチルコリンが分泌され、節後線維末端からノルアドレナリンが分泌される。汗腺の交感神経節後線維からはアセチルコリンが分泌され、これはノルアドレナリンの血管収縮作用による発汗作用低下を防ぐためとされる。

(2)     誤り:脳神経は、左右12対からなる。

脳から出ている末梢神経は左右12対ある。嗅神経、視神経、動眼神経、滑車神経、三叉神経、外転神経、顔面神経、内耳神経、舌咽神経、迷走神経、副神経、舌下神経である。

(3)     正しい

顔面神経は顔面に分布する神経であり、主に表情筋を司る他、涙腺や鼻腺、唾液腺の分泌、味覚の2/3を支配する。味覚の1/3は舌咽神経が支配する。

(4)     誤り:脊髄は、中枢神経に分類される。

脊髄は背骨の中にある神経の束である。脳から伸びて、脳と末梢部を繋ぐ中枢神経である。

(5)     誤り:痛覚は、脊髄の後角細胞を通って脳に伝えられる。

脊髄の灰白質には腹側の前角と背側の後角があり、感覚神経は後角を通る。運動神経は前角を通って、脳や感覚神経からの信号を受ける。

 

スポンサーリンク


コメント