ホーム » 投稿 » 追試25-46 貧血に関する記述である。

追試25-46 貧血に関する記述である。

スポンサーリンク


追試25-46 貧血に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 鉄欠乏性貧血では不飽和鉄結合能が低下している。

(2) ビタミンB₁₂欠乏による貧血は、胃全摘術後2~4か月で出現する。

(3) 葉酸欠乏による貧血は、小球性低色素性貧血である。

(4) 再生不良性貧血では、網赤血球(網状赤血球)数が低値を示す。

(5) 葉酸の吸収には、内因子(キャッスル因子)が必要である。

解答・解説を見る
(1)     誤り:鉄欠乏性貧血では不飽和鉄結合能が上昇している。

血中の鉄分は約1/3のトランスフェリンと結合し(血清鉄)、不飽和(鉄がない)トランスフェリンと結合できる総鉄量を不飽和鉄結合能(UIBC)という。鉄欠乏性貧血では鉄が不足して血清鉄が減り、UIBCが上昇する。

(2)     誤り:ビタミンB₁₂欠乏による貧血は、胃全摘術後約5年で出現する。

胃の壁細胞が分泌する内因子はビタミンB12を回腸から吸収するため、胃全摘出でビタミンB12が不足し、貧血を起こす。ビタミンB12は肝臓に貯蔵されており、すぐに貧血になることはない。

(3) 誤り:葉酸欠乏による貧血は、巨赤芽球性貧血である。

葉酸は生体内でテトラヒドロ葉酸となり、DNA合成の補酵素となる。葉酸が欠乏するとDNA合成が阻害され、未熟な赤血球(巨赤芽球)が出現し、貧血を起こす。小球性低色素貧血はヘモグロビン合成不足によるもので、鉄欠乏が原因である。

(4)     正しい

再生不良性貧血とは、骨髄の造血幹細胞減少で血液細胞が減ることによる貧血である。網状赤血球は脱核から1~2日以内の若い赤血球で、再生不良性貧血によって少なくなる。

(5)     誤り:葉酸の吸収には、内因子(キャッスル因子)が必要ない

葉酸は消化管の消化酵素によってモノグルタミン酸型となり、小腸上皮細胞から吸収される。内因子が必要なのは、ビタミンB12の吸収である。

スポンサーリンク


コメント

関連記事