ホーム » 投稿 » 追試25-39 血圧、体液の調節に関する記述である。

追試25-39 血圧、体液の調節に関する記述である。

スポンサーリンク


追試25-39 血圧、体液の調節に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) レニンは、血圧上昇により腎臓からの分泌が亢進する。

(2) アンギオテンシンⅠは、腎臓でのカリウムの再呼吸を促進する。

(3) バソプレシンは、腎臓でのナトリウムの再吸収を促進する。

(4) アルドステロンは、傍糸球体装置から分泌される。

(5) アンギオテンシンⅡは、末梢血管を収縮させる。

解答・解説を見る

 

(1)     誤り:レニンは、血圧低下により腎臓から分泌が亢進する。

レニンは腎臓の傍糸球体細胞から分泌されるプロテアーゼで、アンギオテンシノーゲンからアンギオテンシンⅠを遊離し、間接的に血圧を上げる。血圧が下がると、腎臓のろ過機能が落ちるため、腎臓は血圧低下を感知するとレニンを分泌し、血圧を上げる。

(2)     誤り:アンギオテンシンⅠは、生理作用をもたない。

アンギオテンシン(ANG)Ⅰは、肝臓で合成されるアンギオテンシノーゲンから遊離し、ANG変換酵素によってANGⅡになる。ANGⅡは血管収縮と、アルドステロン分泌によるナトリウム再吸収亢進により、血圧を上げる。

(3)     誤り:バソプレシンは、腎臓でのの再吸収を促進する。

バソプレシンは視床下部で合成され、下垂体から分泌されるペプチドホルモンである。腎臓の集合管に作用し、水の再吸収を亢進させ、尿を減らす。

(4)     誤り:アルドステロンは、副腎皮質から分泌される。

アルドステロンは、副腎皮質で作られるステロイドホルモンで、ANGⅡによって分泌が促される。腎臓の遠位尿細管に作用し、ナトリウムと水の再吸収を促して血圧を上げる。

(5)     正しい

アンギオテンシン(ANG)ⅡはANGⅠが変換したもので、末梢血管の収縮作用がある。

 

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事