ホーム » 投稿 » 追試25-49 最も小さな病原体(病原微生物)が原因となる感染症である。

追試25-49 最も小さな病原体(病原微生物)が原因となる感染症である。

スポンサーリンク


追試25-49 最も小さな病原体(病原微生物)が原因となる感染症である。正しいのはどれか。

(1) ツツガ虫病

(2) コレラ

(3) A型急性肝炎

(4) オウム病

(5) マイコプラズマ肺炎

解答・解説を見る

 

(1)     誤り

ツツガ虫病は、ダニの一種であるツツガムシが媒介するリケッチアによる病気で、高熱や発疹を伴う。リケッチアは偏性細胞内寄生細菌で、大きさは0.5µmほどである。

(2)     誤り

コレラは、細菌であるコレラ菌の毒素による腸炎である。コレラ菌の大きさは1〜5μmほどである。

(3)     正しい

A型急性肝炎は、A型肝炎ウイルス(HAV:Hepatitis A virus)による病気である。ウイルスは非常に小さく、HAVは80~120nmほどである。

(4)     誤り

オウム病は、オウムなどの鳥を介したオウム病クラミジア(Chlamydophila psittaci、Chlamydophilia abortus)感染による気道感染症である。クラミジアは偏性細胞内寄生細菌で、大きさは0.5μmほどである。

(5)     誤り

マイコプラズマ肺炎は、細菌であるマイコプラズマによる肺炎である。マイコプラズマの大きさは0.8μmほどである。

 

スポンサーリンク


コメント