ホーム » 投稿 » 追試25-45 肺気腫に関する記述である。

追試25-45 肺気腫に関する記述である。

スポンサーリンク


追試25-45 肺気腫に関する記述である。誤っているのはどれか。

(1) 安静時エネルギー消費量が亢進している。

(2) 1秒率が低下している。

(3) 肺の過膨張がみられる。

(4) 残気量が減少している。

(5) 肺胞壁の破壊を伴う。

解答・解説を見る

 

(1) 正しい

肺気腫とは、肺や気管支の炎症で肺胞壁が壊れ、呼吸障害を引き起こす病気である。呼吸効率低下による呼吸筋疲労により、安静時エネルギー消費量が増えると考えられる。

(2)     正しい

1秒率とは、努力性肺活量における最初の1秒間の呼気量の割合である。肺気腫では呼吸障害によって呼気量が低下し、1秒率が低下する。

(3)     正しい

肺気腫では肺から空気を出しにくくなるため、肺に空気が溜まり、過膨張が見られる。

(4)     誤り:残気量は増加する。

残気量とは、肺内に残存する空気である。肺気腫では肺から空気を出しにくくなるため、残気量は増加する。

(5)     正しい

肺気腫とは、肺や気管支の炎症で肺胞壁が壊れ、呼吸障害を引き起こす病気である。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事