34-12 労働衛生における作業環境管理である。


34-12 労働衛生における作業環境管理である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)産業医の選任

(2)耳栓の使用

(3)給食従事者の検便

(4)生産設備の自動化

(5)適正部署への配置転換

解答・解説を見る

労働の3管理は、作業環境管理、作業管理、健康管理からなる。

(1)産業医の選任

労働安全衛生法において安全衛生管理体制の整備のための産業医配置の基準が示されている。

(2)耳栓の使用は、作業管理である。

騒音による難聴予防のための耳栓の使用は、作業管理である。

(3)給食従事者の検便は、健康管理である。

(4)生産設備の自動化は、作業環境管理で正しい。

(5)適正部署への配置転換は、健康管理である。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント