ホーム » 投稿 » 33-127 腸疾患に関する記述である。

33-127 腸疾患に関する記述である。

スポンサーリンク


33-127 腸疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)潰瘍性大腸炎では、白血球数の低下がみられる。
(2)クローン病では、チャイルド分類で重症度を判定する。
(3)イレウスでは、経腸栄養法を選択する。
(4)たんぱく漏出性胃腸症では、高たんぱく質食とする。
(5)過敏性腸症候群では、抗TNF-α抗体製剤が用いられる。

解答・解説を見る
(1)潰瘍性大腸炎では、炎症により白血球が増加することがある。

(2)クローン病では、IOIBDスコアで重症度を判定する。

チャイルド分類は、肝硬変の重症度の判定に用いられる。

(3)イレウスでは、経静脈栄養法を選択する。

イレウス=腸閉塞では、腸を使用することはできない。

(4)たんぱく漏出性胃腸症では、高たんぱく質食とする。

(5)クローン病では、難治例に対して抗TNF-α抗体製剤が用いられる。

スポンサーリンク


コメント

関連記事