コンテンツへスキップ

33-142 褥瘡に関する記述である。

    スポンサーリンク


    33-142 褥瘡に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

    (1)大転子部は、好発部位である。
    (2)貧血は、内的因子である。
    (3)十分なタンパク質の摂取量が必要である。
    (4)亜鉛の摂取量を制限する。
    (5)30度側臥位は、予防となる。

    解答・解説を見る

    (1)大転子部は、好発部位である。

    褥瘡の好発部位は、大転子部以外にも尾骨部、仙骨部、踵骨部などがある。

    (2)貧血は、内的因子である。

    褥瘡の内的因子には、他にも加齢や低栄養などがあげられる。

    (3)十分なたんぱく質の摂取量が必要である。

    褥瘡では、創傷部位からのたんぱく漏出を補うため、低栄養防止のためにも十分なたんぱく質の摂取量が必要である。

    (4)亜鉛の不足は褥瘡の治癒を遅らせるという報告もあり、適量摂取する必要があると考えられる。

    (5)30度側臥位は、予防となる。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事