ホーム » 投稿 » 33-129 消化器疾患に関する記述である。

33-129 消化器疾患に関する記述である。

スポンサーリンク


33-129 消化器疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)脂肪肝では、肝細胞内にコレステロールが過剰に蓄積する。
(2)非アルコール性脂肪肝炎(NASH)では、インスリン抵抗性が増大する。
(3)急性胆嚢炎では、血清CRP(C反応性たんぱく質)値が低下する。
(4)急性膵炎急性期では、尿中アミラーゼ値が低下する。
(5)慢性膵炎非代償期では、グルカゴン分泌が亢進する。

解答・解説を見る
(1)脂肪肝では、肝細胞内に中性脂肪が過剰に蓄積する。

(2)非アルコール性脂肪肝炎(NASH)では、インスリン抵抗性が増大する。

(3)急性胆嚢炎では、血清CRP(C反応性たんぱく質)値が上昇する。

血清CRPは、炎症マーカーである。

(4)急性膵炎急性期では、尿中アミラーゼ値が上昇する。

(5)慢性膵炎非代償期では、インスリンやグルカゴンの分泌が低下する。

インスリンは膵臓のβ細胞から、グルカゴンはα細胞から分泌される。

スポンサーリンク


コメント

関連記事