ホーム » 投稿 » 33-139 消化器手術とその合併症の組合せである。

33-139 消化器手術とその合併症の組合せである。

スポンサーリンク


33-139 消化器手術とその合併症の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)食道切除―――脂肪吸収障害
(2)胃全摘――――巨赤芽球性貧血
(3)胆嚢摘出―――低血糖
(4)膵臓切除―――嚥下障害
(5)直腸切除―――ダンピング症候群

解答・解説を見る
(1)食道切除の合併症には、縫合不全による食道の炎症、嚥下障害、肺炎などがある。

 参考:国立がん研究センター「食道がん 治療」

(2)胃全摘――――巨赤芽球性貧血

巨赤芽球性貧血は、葉酸やビタミンB12の欠乏が原因となって起こる。
胃全摘後は、胃酸の分泌がなくなることによる鉄の吸収低下と、内因子の欠如によるビタミンB12の欠乏で巨赤芽球性貧血を起こす。内因子は、胃壁細胞で生成される。

(3)胆嚢摘出の合併症には、手術中の出血や、胆嚢から胆汁が漏れ出すことによる胆汁腹膜炎などがある。

(4)膵臓切除(膵頭十二指腸切除)では、膵液漏や胃内容物排出遅延などがある。

膵臓の役割は、主に2つある。1つは栄養素の消化を助ける酵素を分泌すること。2つ目はインスリンやグルカゴンなどのホルモンを分泌することである。

膵臓は嚥下には直接関与しないので、「嚥下障害」は誤りである。

(5)直腸切除の合併症には、排便障害、排尿障害(直腸の周囲に排尿を司る神経があるため)、感染症などがある。

ダンピング症候群は、胃切除後の合併症である。

スポンサーリンク


コメント

関連記事