コンテンツへスキップ

33-140 重症嚥下障害患者の直接訓練に用いる嚥下訓練食品である。

    スポンサーリンク


    33-140 重症嚥下障害患者の直接訓練に用いる嚥下訓練食品である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

    (1)お茶をゼリー状に固めたもの
    (2)牛乳にとろみをつけたもの
    (3)ヨーグルト
    (4)りんごをすりおろしたもの

    解答・解説を見る

    (1)お茶をゼリー状に固めたもの

    お茶をゼリーで固めたものは、均質で残差として残っても誤嚥性肺炎の原因になりにくい。

    形態としては、嚥下食のもっとも難易度の低い段階「レベル0(訓練食)」であり、

    もっとも重症嚥下障害患者の直接訓練に用いる嚥下訓練食品として適していると考えられる。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事