33-131 微小変化型ネフローゼ症候群に関する記述である。


スポンサーリンク

33-131 微小変化型ネフローゼ症候群に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)エネルギー摂取量は、20~25kcal/kg標準体重/日とする。
(2)たんぱく質摂取量は、1.5g/kg標準体重/日とする。
(3)浮腫がみられるときの水分摂取量は、前日尿量+500mlとする。
(4)LDL-コレステロール値は低下する。
(5)ステロイド薬の反応は、微小変化型以外のネフローゼ症候群に比べて悪い。

解答・解説を見る
(1)エネルギー摂取量は、35kcal/kg標準体重/日とする。

(2)たんぱく質摂取量は、0.8g/kg標準体重/日とする。

(3)浮腫がみられるときの水分摂取量は、前日尿量+500mL(不感蒸泄量-代謝水)とする。

(4)LDL-コレステロール値は上昇する。

(5)ステロイド薬の反応は、微小変化型以外のネフローゼ症候群に比べて良好である。

<参考文献>

日腎会誌 2011;53(2):78-122,ネフローゼ症候群診療指針,https://cdn.jsn.or.jp/jsn_new/iryou/free/kousei/pdf/53_2_078-122.pdf

問題・解説についてのお問い合わせ

33-131 微小変化型ネフローゼ症候群に関する記述である。” への1件のフィードバック

コメント