33-135 進行した慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の栄養アセスメントの結果である。


スポンサーリンク

33-135 進行した慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の栄養アセスメントの結果である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)体重の増加
(2)安静時エネルギー消費量の増加
(3)%1秒量の上昇
(4)動脈血酸素分圧(PaO2)の上昇
(5)血清トランスサイレチン値の上昇

解答・解説を見る
(1)体重の低下

COPDでは、呼吸筋の酸素消費量の増大により安静時のエネルギー消費量(resting energy expenditure:REE)は増加するとともに、呼吸がしづらく食事量が減少するなど体重減少をきたしやすい。

(2)安静時エネルギー消費量の増加

・COPDでは、安静時エネルギー消費量(resting energy expenditure:REE)が増加するため、十分なエネルギー摂取が必要である。また、呼吸が苦しく食事がしづらいため分食にするなどの工夫も必要である。
・十分に栄養を確保できない場合は、呼吸商の低い栄養剤を利用することもある。

〔補足〕3大栄養素の呼吸商は、それぞれ炭水化物が1.0、タンパク質が0.83、脂質が0.71である。

(3)1秒率の低下(70%以下で閉塞性肺機能障害が疑われる。)

・COPDでは、1秒率の低下がみられる。
・1秒量とは、努力性肺活量のうち、最初の1秒間で吐き出した量のことである。
・1秒率は、1秒量を努力肺活量で割ったもの。

(4)動脈血酸素分圧(PaO2)の低下

(5)血清トランスサイレチン値は、栄養摂取不足で低値を示すため重度の慢性閉塞性肺疾患患者では低下を示すことが多いと考えられる。

コメント