ホーム » 投稿 » 31-168 社員に高血圧者の割合が高いA社では、全社をあげて減塩対策に取り組むことになった。

31-168 社員に高血圧者の割合が高いA社では、全社をあげて減塩対策に取り組むことになった。

スポンサーリンク


31-168 社員に高血圧者の割合が高いA社では、全社をあげて減塩対策に取り組むことになった。全社員の食塩摂取量低減に向けた、カフェテリア方式の社員食堂での取組である。効果が期待されるものとして、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1) 入口の食事サンプルに、食塩相当量のポップ(POP)を掲示
(2) 卓上メモで、食塩摂取量と高血圧の関連を情報提供
(3) 新しい減塩セットメニューの開発・販売
(4) すべての汁物の塩分濃度の漸次低減

解答・解説を見る

 カフェテリア方式での注意点は、主菜や主食、副菜、汁物などを社員が自由に選択できるために利用者が好きなものだけを選んでしまいやすい。そのため、食品選択の方法など栄養教育が必要となる。

(1) 入口の食事サンプルに、食塩相当量のポップ(POP)を掲示

(2) 卓上メモで、食塩摂取量と高血圧の関連を情報提供

(3) 新しい減塩セットメニューの開発・販売

 すでに減塩を心がけている者にとっては有効的かもしれないが、全くそうでない者にとってはあまり効果があるとはいえない。

(4) すべての汁物の塩分濃度の漸次低減

…カフェテリア方式では、好きな料理を選びがちだが、全ての汁物の塩分濃度の漸次低減を図ることで、どの汁物を選んでも塩分摂取量が今までより低減することが期待できる。また、「社員全員の食塩摂取量低減」を目的としていることからも最も適切であると考えられる。

スポンサーリンク


コメント

関連記事