27-60 食中毒の主な発生源に関する記述である。


スポンサーリンク

60 食中毒の主な発生源に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) ノロウイルスによる食中毒は、鶏肉の生食が原因となる。
(2) ボツリヌス菌による食中毒は、牛レバーの生食が原因となる。
(3) リステリア菌による食中毒は、チーズが原因となる。
(4) 嘔吐型セレウス菌による食中毒は、魚介類の生食が原因となる。
(5) 腸炎ビブリオ菌による食中毒は、鶏卵の生食が原因となる。


<解説>
(1)ノロウイルスの食中毒は二枚貝(カキ、シジミ、ホタテ)の生食が原因となる。
(2)ボツリヌス菌による食中毒はレトルトパックや缶詰、瓶詰、蜂蜜などが原因となる。
(3)正しい
(4)嘔吐型セレウス菌による食中毒は焼飯、ピラフ、スパゲティ、カレーライスなどによる。
(5)腸炎ビブリオによる食中毒は魚介類の生食が原因となる。

問題・解説についてのお問い合わせ