28-183 食材料の検収に関する記述である。


スポンサーリンク


28-183 食材料の検収に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 検収は、すべての食品の納品完了後に一括して実施する。
(2) 納品された食品は、食品構成表と照合する。
(3) 検収記録簿には、食品の期限表示を記録する。
(4) 食品の品温は、感覚的に判断して記録する。
(5) 検収した食品は、納入容器のまま収納する。

解答・解説を見る

(1) 検収は、すべての食品の納品完了後に一括して実施するのではなく、食品納入までの各段階で行われる。

(2) 納品された食品は、発注書と照合する。

(3) 検収記録簿には、食品の期限表示を記録する。
 納入業者名、 品目名、 生産地、 期限表、 数量、 鮮度、 包装、 品温、 異物等を記録する。

(4) 食品の品温は、感覚的に判断して記録してはならない。測定器を用いて正確に温度を測り、衛生管理の基準に適合しているか確認する。

(5) 検収した食品は、納入容器のまま収納してはいけない。別の容器に移し、種類別に分けて保管する。


※ 大量調理施設衛生管理マニュアルを参考に作成。


お問い合わせはこちら