28-182 給食の直接原価の算定に用いる帳票である。


スポンサーリンク


28-182 給食の直接原価の算定に用いる帳票である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 食品構成表
(2) 発注書
(3) 食品受払簿
(4) 作業指示書
(5) 備品点検簿

解答・解説を見る

(1) 食品構成表…献立作成の際に参考にすることができるが、食材料費は記載されていないため直接原価の算定に用いることはできない。

(2) 発注書…発注量と納入量は必ずしも同じではないため、直接原価の算定には用いることはできない。

(3) 食品受払簿…実際に納入した食材の量を把握することができるため、直接原価の算定に用いることができる。

(4) 作業指示書…作業の手順を示したもので、費用とは関係ない。

(5) 備品点検簿…備品点検、備品の有無や使用状況を確認するためのもの。


お問い合わせはこちら