28-178 成人を対象とする特定給食施設における、日本人の食事摂取基準(2010年版)に基づく1日当たりの給与目標量の設定に関する記述である。


スポンサーリンク


28-178 成人を対象とする特定給食施設における、日本人の食事摂取基準(2010年版)に基づく1日当たりの給与目標量の設定に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) エネルギーは、推定エネルギー必要量(EER)より多くする。
(2) たんぱく質は、推定平均必要量(EAR)とする。
(3) 脂肪エネルギー比率は、30%を下回らないようにする。
(4) 炭水化物エネルギー比率は、50%を超えないようにする。
(5) 鉄は男女が混在する施設では、女性の基準を適用する。

解答・解説を見る

(1) エネルギーは、推定エネルギー必要量(EER)を参考に設定し、やせなどのエネルギー摂取量を増加させたい理由がない限り、故意に推定エネルギー必要量より多くする必要はない。

(2) たんぱく質は、推定平均必要量(EAR)を下回らないようにする。推定平均必要量は、集団の半数が必要量を満たす量であるため、推定平均必要量とすると不足の可能性がある。

(3) 脂肪エネルギー比率は、成人では20~30%とする。(30歳以上では20~25%未満)

(4) 炭水化物エネルギー比率は、50~70%とする。

(5) 鉄は男女が混在する施設では、女性の基準を適用する。


お問い合わせはこちら