27-137 慢性膵炎代償期患者が非代償期に移行した時に認められる変化である。


スポンサーリンク


27-137 慢性膵炎代償期患者が非代償期に移行した時に認められる変化である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 体重は増加する。
(2) 血中アミラーゼ値は上昇する。
(3) 血糖値は上昇する。
(4) 腹部疼痛は増強する。
(5) 消化吸収機能は亢進する。


正しいのは(3)



慢性膵炎代償期は、膵臓の機能が低下していることに注意する。
非代償期では、腹痛は減弱するが、膵臓の機能はさらに低下している。



(1) 体重は減少する。
(2) 血中アミラーゼ値は減少する。
(3) 血糖値は上昇する。
(4) 腹部疼痛は非代償期にみられ、代償期では減弱する。
(5) 消化吸収機能は低下する。



お問い合わせはこちら