27-128 静脈栄養補給法に関する記述である。


スポンサーリンク


27-128 静脈栄養補給法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 末梢静脈栄養補給法で用いる輸液のアミノ酸濃度は、30%である。
(2) 高カロリー輸液基本液には、鉄が含有されている。
(3) 成人では、非たんぱく質熱量/窒素比を700 kcal/gとする。
(4) 中心静脈栄養補給法では、ブドウ糖濃度が20%の輸液を使用できる。
(5) 脂肪乳剤の投与は、1 g/kg標準体重/時とする。

解答・解説を見る

(1) 末梢静脈栄養補給法で用いる輸液のアミノ酸濃度は、10~12%である。

(2) 高カロリー輸液基本液には、鉄が含有されていない。
 微量元素製剤に、鉄、銅、ヨウ素、亜鉛、マンガンが含まれている。

(3) 成人では、非たんぱく質熱量/窒素比を150~200 kcal/gとする。

(4) 中心静脈栄養補給法では、ブドウ糖濃度が20%の輸液を使用できる。

(5) 脂肪乳剤の投与は、0.1 g/kg標準体重/時とする。


お問い合わせはこちら