27-141 透析を受けている患者の食事療法に関する記述である。


スポンサーリンク


27-141 透析を受けている患者の食事療法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 腹膜透析では、摂取するエネルギー量は透析液から吸収されるエネルギー量を差し引いて求める。
(2) 腹膜透析では、たんぱく質を0.5 g/kg標準体重/日とする。
(3) 血液透析では、カリウムを制限しない。
(4) 血液透析では、食塩を0.3 g/kgドライウエイト/日とする。
(5) 血液透析では、リンを1,200 mg/日以上とする。

解答・解説を見る

(1) 腹膜透析では、摂取するエネルギー量は透析液から吸収されるエネルギー量を差し引いて求める。

(2) 腹膜透析では、たんぱく質を1.1~1.3 g/kg標準体重/日とする。

(3) 血液透析では、カリウムを2000mg/日以下に制限する。

(4)血液透析では、食塩摂取量を6ℊ/日未満にする。

(5) 血液透析では、リンの摂取量を摂取するタンパク質量(g)×15(mg)以下とする。


お問い合わせはこちら