27-150 褥瘡に関する記述である。


スポンサーリンク


27-150 褥瘡に関する記述である。正しいのはどれか。lつ選べ。
(1) 栄養状態の低下は、発症の外的要因である。
(2) 重症度は、チャイルド分類を用いる。
(3) 瘡部からたんぱく質が漏出する時期は、低たんぱく質食とする。
(4) 水分制限は、褥瘡を改善させる。
(5) 糖尿病は、悪化の要因となる。


(1) 栄養状態の低下は、発症の内的要因である。
(2) チャイルド分類とは、肝硬変の重症度を示す場合に用いられる。
(3) 瘡部からたんぱく質が漏出する時期は、高たんぱく質食とする。
(4) 水分制限は、褥瘡を悪化させる。
(5) 糖尿病は、悪化の要因となる。


お問い合わせはこちら